トップページ > 拡張子がDNGのものを印刷

拡張子がDNGのものを印刷

拡張子がDNGのものを印刷

拡張子がDNGだとネトプリに出せない!

通常のネトプリのサービスでは、拡張子がJPEGでお願いしますと記載がある場合がほとんどですが、通常DNG形式はプリント出来ない場合が多いです。

DNGはRAWファイル(詳細は後述)なので、画像がキレイな代わりにファイルが重いというデメリットがあり、自分で現像加工しJPEGに変換する必要があります。

JPEGへの変換方法は、デジカメに付属している現像ソフトか、AdobeのPhotoshopやLightroomを使うのがオーソドックスな方法ですが、フリーソフトで変換する方法もあります。

RAWデータは現像前のデジカメの画像ファイル

DNGファイルは、一般にはRAWファイルやRAWデータと言われる物で、デジタルカメラが搭載しているセンサーが読み取った画像を内蔵の画像エンジンで現像し、JPEGに変換して記録していきます。

JPEGに変換されたデータはPCで簡単に見ることが出来て、通常のプリンターで印刷も出来ますが、画像化した時点でファイルサイズを小さくするために圧縮されているので、フォトショップなどでいじると、修正するほど画質が劣化するというデメリットがあります。

よって、最近のデジタル一眼レフやコンデジは、搭載したセンサーが読み込んだ現像前のデータを、内蔵エンジンで写真に変換しない前のデータを記録する機能を持っており、これをRAWデータと言います。

RAWデータを残しておくメリットとデメリット

現像して綺麗な写真を作品として出力したいというのではなく、スナップを撮ってそれを印刷するだけで良い、画面で見るだけでよいと言うなら、このDNGファイル作機能を、メニューでオフにしてしまうのが手っ取り早いです。

RAWデータのサイズはかなり大きいので、JPEGのみとすると同じメディアに2倍から3倍の枚数を記録できるようになります。

ただし、後で編集したいと思った時にJPEGでの補正は限度がありますが、RAWが記録されているとそのファイルを専用ソフトで現像することでかなりキレイに補正出来る可能性があります。

デジタル一眼レフ等を使用して映りのいい写真にこだわる人は、JPEGとRAWで記録させておいた方が無難ではあります。

RAWデータを編集するには?

RAWデータの編集うが面倒なのは、メーカーごとに仕様が異なっている点にあります。

編集にはメーカーごとに専用ソフトを利用するか、フォトショのRAW現像機能、デジタルダークルーム、SilkyPixといったソフトメーカー発売のRAW編集ソフトを使うしかありません。

カメラ自体が持つ機能でDNGフォーマットで記録することができるカメラは増えてきていますが、まだまだ普及していないのが実状です。

一番有名なのはフォトショップですが、フリーソフトでも編集出来るものがいくつかあります。