トップページ > 免許写真の作り方

免許写真の作り方

免許写真の作り方

免許更新時の申請用写真

申請用の写真は、背景は無地で、普通に光沢写真用紙にプリントして、指定サイズに切り取っただけでも大抵通ります。(さすがに通らない場合もありますが・・・)

必要な大きさとちゃんと写真に見えるものであれば問題ありませんが、背景に余分なものが写ったり、顔が不鮮明な写真はどんなに頑張って加工してもダメなので注意が必要です。

最近は免許更新時の申請用写真は不要の場合が多いですが、他の申請用写真としても使える技術なので覚えておくと色々便利です。

フリーソフトを作って申請用写真を作成する方法

用意するもの
1:フォトスケープ Photoscape
2:写真
*履歴書や申請用写真などのサイズの3×4の場合で、綺麗に印刷できる解像度 300dpi にするとなると355pixel×473pixelぐらいの写真が必要になります。

手順
①元となる画像を用意したら、PhotoScape を立ち上げ[画像編集]で画像をトリミングします。

②左上にある[コピー]ボタンを押してクリップボードに保存します。

③[印刷]タブをクリックして、[印刷設定]のボタンから用紙のサイズと向きを指定。

④[ポートレイト印刷]タブで[ポートレイト]を選択してサイズを[ 3 × 4 cm ]で指定して間隔を適宜指定します。

⑤[ DPI ]を選択して[ 300 DPI ]にしたら、[追加]ボタンを押して[クリップボードから写真を追加]を選択して保存します。