トップページ > 年賀状の印刷

年賀状の印刷

年賀状の印刷

ネットプリントと自宅印刷、どっちが安い?

安いプリンターの値段が1000円前後、高めのネットプリントでも1枚30円前後なので、単純に考えても333枚程度まではネットプリントの方がお得です。

また、プリンターはインク交換(約3000円)と用紙代も必要になってきます。

500枚から600枚程度印刷するならプリンターの方が得かもしれませんが、ほとんどの人にはネットプリントの年賀状の方がはるかに安くなります。

自宅でプリントした写真は、後々にじんできますが、ネットプリントで使用する銀塩写真は滲む事はありません。

自宅プリントのメリットは、色を自分の好みに合わせて印刷出来る点と、写真ができるまで待たなくていい点なので、単純に年賀状を印刷したいだけなら確実にネットプリントの方がメリットは大きいです。

年賀状印刷に必要な写真の画像解像度

商業印刷の場合だと、印刷に必要な画像解像度は「300~350dpi」と言われていますが、写真のみの個人用の年賀状印刷においてはそれほど高い解像度が求められません。

写真だけの画像でしたら150~200dpiもあれば十分ですが、年賀状だと住所などの細かい文字を載せる必要がありますのでもう少し欲しいところです。

Photoshopで文字組も行うのであれば、やはり300dpiほどあったほうが安心出来ます。

年賀状に複数枚のデジカメ写真を入れる方法

自分で撮影した写真で年賀状を作る際に、何枚かの写真を1つにまとめるだけでもプロが作成したような年賀状になるのでおススメです。

方法は、まずPhotoshopでハガキサイズのキャンバス((大きさ:14.8*10c 解像度:300~350dpi程度))を用意します。

ここにデジカメの画像を開いてからドラッグするか、デジカメの画像を選択してCtrl+A(全選択)、Ctrl+C(コピー)、用意したハガキのキャンバスの方にCtrl+V(貼り付け)で移動します。

Ctrl+Tで大きさを任意で調整できるので、サイズを調整して配置すれば完成です。